女々しいけどかっこいい?My Hair is Badの魅力に迫る!

今回は、人気3人組ロックバンド

My Hair is Bad」の魅力とおすすめ曲を紹介していきます!

スポンサーリンク

My Hair is Badとは?

My Hair is Bad通称マイヘアは2008年に新潟県上越市で結成された3人組ロックバンドです。

メンバーは、椎木知仁(Vo./Gt.)、山本大樹(Ba./Cho.)、山田淳(Dr.)の3人です。

バンド名の由来は、結成当時ベースの山本さんが、格闘マンガ”グラップラー刃牙”の主人公・範馬刃牙のような髪型で”My Hair is Bad‼”と言っていたのをきっかけに決まったそうです。

めちゃくちゃ安易ですよねw

そんな彼らは、シンプルで力強いサウンドと共感を呼ぶ歌詞を武器に、若者を中心に人気を博しています。

My Hair is Badの魅力

椎木知仁の言葉

やはり、マイヘアの最大の魅力はボーカル椎木知仁の言葉です。

マイヘアの曲はほとんどが恋愛を歌った曲でなのですが、どの曲でも男女のリアルな恋愛が描かれており、その飾らないストレートな言葉が聴き手に通づる部分があり、多くの共感を生んでいるのです。

そして、僕が一番注目したいのは、ライブ中のMCです。

まずはこれを見てください。

未来定番曲#96「MY HAIR IS BAD」のライブ映像をたっぷりと!

これは、未来定番曲で演奏された「from now on」という曲なのですが、

この曲、なんとサビ以外のほとんどが即興なんです。めっちゃすごくないですか?

まず即興でこれができるというのもすごいですが、その即興で紡ぐ一言一言に圧倒されてしまいます。

ただただ言いたい事を吐き出しているだけ、別れた彼女に酒を飲ませたいとか、そんなことしか言っていません。

「140字のTwitter、250円の牛丼。1円にもならなかったなんて絶対言わせねえ。」

正直意味わかりません。でもめちゃくちゃかっこいいんです。

最後は、「俺と似てるやつは俺が救う、だから大丈夫。22の糞ガキが言ってんだよ!」で締める。

熱い、とにかく熱いです。

こんなに熱い人間が本気で語る言葉、心に響かないわけがないです。

熱量

ライブハウスで育ってきた彼らは、とにかく熱量がすごいです。

年間200本以上のライブをこなして這い上がってきた彼らは、おしゃれ、爽やかなどと言った言葉とは対極にある、「泥臭い」という言葉が似合います。

だからこそマイヘアはかっこいいのであり、魅力的なのです。

今ではドーム級のステージでライブを行うようになった彼らですが、椎木さんがMCで「でかいところのやり方なんてわかんねえよ!ライブハウスのやり方しか知らねえんだよ!」と言うように、今もそのスタンスは変わらず、相変わらず泥臭くてかっこ悪い、けどめちゃくちゃかつこいいライブを見せてくれます。

My Hair is Badのおすすめ曲5選!!

ここからは、個人的におすすめしたい曲を紹介していきます!!

1.真赤

My Hair is Bad – 真赤 (Official Music Video)
My Hair is Bad「真赤」MV

言わずと知れたマイヘアの代表曲。

「ブラジャーのホックを外す時だけ心の中までわかった気がした」という、印象的なフレーズから始まります。

恋人への想いが強すぎる女々しい主人公を描いた1曲です。

2.告白

My Hair is Bad – 告白 (Official Music Video)
My Hair is Bad「告白」MV

マイヘアらしい勢いのあるロックチューン。

ライブでも一気にテンションを上げてくれる曲です。

それにしても椎木さんめっちゃ足開きますやん…()

3.元彼氏として

My Hair is Bad – 元彼氏として(Official Video)
My Hair is Bad「元彼氏として」MV

爽やかなロックサウンドとは裏腹に、元カノのことを忘れられない嫉妬だらけの男の子を歌った曲です。

ライブで演奏する時は、椎木さんがスタンドのどこかにいる元カノに「おい!今日来てんのわかってんぞ!」とか叫んだりしますw

4.卒業

My Hair is Bad – 卒業(Official Video)
My Hair is Bad「卒業」MV

先ほど紹介した「真赤」と同じ女の子を描いた曲だそうです。

男女の切ない想いが繊細に描かれています。

マイヘアのバラードはとても心に染みますね。

5.音楽家になりたくて

My Hair is Bad – 音楽家になりたくて
My Hair is Bad「音楽家になりたくて」MV

この曲は、「音楽家になりたくて」と書いて、「ミュージシャンになりたくて」と読みます。

椎木さんにかかれば、何気ない日常をドラマチックなものになってしまう、そんな1曲です。

この曲からは、何かが始まるような感じもするし、何かが終わるような感じもします。

本当に良い曲ですね。

まとめ

今回は新潟県上越市出身のロックバンド

My Hair is Badについて書いてきました!

今回紹介した曲以外にもまだまだ良い曲が山ほどあるので、ぜひみなさんもお気に入りの1曲を見つけてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました