「バクマン。」は何回読んでもやっぱり面白い。

どうも、学生ブロガーのきゃしーです!

今回は、平成版「まんが道」とも言える名作「バクマン。」の魅力に迫っていきたいと思います!(多少のネタバレはご了承ください。)

スポンサーリンク

バクマン。って?

「バクマン。」は、2008年〜2012年に週刊少年ジャンプで連載されました。

超名作「DETH NOTE」を生み出した大場つぐみ先生と小畑健先生が、DETH NOTEから2年ぶりにタッグを組んで描いた作品です。

コミックスは全20巻で、累計発行部数は1500万部を超える超人気漫画です。

作中にはジャンプのアンケートの話や、契約の制度など、漫画家のリアル裏側も描かれています。

あらすじ

高い画力を持つ真城最高(サイコー)と文才に長けた高木秋人(シュージン)の2人が漫画家を目指す物語。

ヒロイン亜豆美保との約束を叶えるため、そして、日本一の漫画家になるために、

多くの困難を乗り越え、様々なライバル達と切磋琢磨しながら成長していく―。

バクマン。の魅力

友情、努力、勝利!

ジャンプの三大原則といえば、

「友情、努力、勝利」です。

バクマン。では作中にこの言葉が何度も登場します。

そして、サイコーとシュージンはこの言葉通り、仲間との友情、血の滲むような努力、最後には夢を叶える、すなわち勝利を手にするのです。

友情

まずは「友情」から。

物語の主人公であるサイコーとシュージンの友情は言わずもがなです。

この2人はお互いにお互いが不可欠な存在。言わば、運命共同体です。

時には意見が食い違って対立することや、コンビ解消の危機に瀕することもありますが、最終的にはお互いの存在の大切さに気づき、それらを乗り越えることで友情がさらに深まっていくのです。

次に注目したいのは、シュージンの彼女であり後に妻となる見吉香耶とサイコーの間にある友情です。

最初の方は、サイコーはかやちゃんにあまり良い印象を持っていませんでした。

しかし、2人を全力でサポートしてくれる姿に徐々に心を開いていき、悩みを相談し合い、信頼関係を築いていくのです。

物語終盤の、親友の妻としてではなく、一人の親友として感謝の気持ちを伝えるシーンからは2人の固い友情が表れています。

努力

サイコーとシュージンには才能がありますが、編集の服部さんに言わせれば、「銅のタマゴ」

上には「新妻エイジ」というとてつもない才能の持ち主がいます。

ではなぜサイコーたちがエイジに肩を並べるまでになったのか?

それは努力のおかげとしか言い様がありません。

サイコーは人気漫画を各100ページずつ模写し、シュージンはいろんなジャンルの漫画をひたすら読んで勉強する…etc

彼らの人生は努力の上に成り立っているのです。

僕ももっと努力しないとな…

勝利

連載を勝ち取ること、数ある連載漫画の中で人気を獲ること、夢を掴み取ること。

どんな勝利も努力の上に成り立っています。

努力なしには成功はない。この漫画はそんな当たり前だけどとても大切なことを教えてくれます。

亜豆美保との約束

この作品の大きな核となっているものの一つに、サイコーと亜豆の約束があります。

その約束とは、「サイコーとシュージンの作品がアニメ化し、そのヒロインの声優役に亜豆がなる。その夢が叶ったら結婚する。その夢が叶うまでは会わない」というものです。

夢叶ったら結婚って…どんだけ夢見てんだよ…って感じですよねw(決してバカにはしておりません)

サイコーはこの約束を叶えるために漫画に人生を賭けることを決意します。

連載が取れなかったり、なかなか人気が出なかった時も頑張ることができたのは亜豆の存在があったからです。

そして、最後にはちゃんと夢を叶えます。

これぞ「友情、努力、勝利」てすね。

個性的なライバル

新妻エイジ

やはりこの人抜きにはバクマン。は語れません。

言わずとしれた超天才漫画家。

天才だからなのか、少々変わっている部分もありますが、非常にユーモラスで読者からも愛されているキャラです。(画像のシーンはめちゃくちゃ怖いこと言ってますけどw)

常にサイコーたちの前に立ちはだかる、2人の一番のライバルです。

福田真太

一度決めたことは絶対に曲げないとにかく熱い男です。

仲間のことは放っておけない性格で、ついついお節介を焼いてしまいます。

「KIYOSHI騎士」「ロードレーサーGIRI」などの人気漫画を生み出し、サイコーたちと切磋琢磨しながら成長していきます。

蒼樹紅

登場当初はあまり心を開かない気難しいキャラだったのですが、いつの間にか画像のような可愛らしい表情を見せるようになっていきます(僕の一番の推しです)

シュージンと漫画について意見を交わす内にシュージンに恋心を抱いてしまい、そのせいでシュージンがかやちゃんに浮気を疑われる…という事件も起こしていますが、

最終的には平丸さんと結ばれて幸せになってくれたので僕は満足です。

平丸一也

なんとかして休むことばかりを考えている平丸さん。

休みたいとずっと言ってはいますが、担当の吉田さんに言いくるめられてなんだかんだ毎週休むことなく連載を続けます。

本人は描きたくなくても天才だから面白い作品が描けてしまうんです。

まあ最後には蒼樹さんと結ばれるんだから、休まずやってきた甲斐があったんじゃないですかねw

まとめ

今回は、「バクマン。」の魅力について書いてきました!

「友情、努力、勝利」を体現するまさに王道漫画。本当におもしろい漫画なのでぜひ読んでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました