数学ができない文系諸君必見!!一年で数学の偏差値を40から65に上げた話(前編)

勉強

どうも、学生ブロガーのきゃしーです!

今回は、数学の偏差値を40から65まで上げた方法と、使った教材を紹介します!!

はじめに

この記事を見ているということは、みなさん数学ができないことを悩んでいるのでしょう。

この記事を読んで実際に数学の勉強に取り組めば、きっと成績は上がります。

ですが、まずは一度自分のこれまでの行動を振り返ってみてください。

数学ができないからって数学から逃げていませんか?

僕は実際そうでした、、

どうせ自分は数学ができない、やってもできるようにならない…etc

やる前から諦めてしまっていました。

当たり前の話ですが、やらないといつまでたっても成績は上がりません。

説教じみた入りをしてしまいましたが、要するに紹介した方法でやれば必ず成績は伸びるので、ちゃんと実践しましょうということが言いたかったんですw

それでは僕が偏差値を上げた方法を紹介していきます!

1.白チャート

数学において一番重要なのは基礎固めです!!

学校や予備校などで耳にタコができるほど聞いているかも知れませんが、

数学ではそれほど基礎固めが重要なんです!!(大事なことなので二回言いました)

そこで実際に僕が使用したのは、白チャートです。

数学参考書の王道「チャート式」の一番簡単なカテゴリーである「白チャート

も全範囲をしっかり網羅しており、基礎を学ぶにはとても良い教材です。

「私の学校進学校だから、白チャとか持ってたら笑われるんだよね〜」とか「白チャとかバカがやるもんだろw」とか思ったそこのあなた、

そんなプライドは一切捨ててください。

数学は基礎がなってないと先に進めません(3回目)

それでは具体的な使い方を教えます!

白チャートの使い方

白チャートの使い方は、

例題を解く!!!

これだけです。

わからない所があったらすぐ下に答えが載っているので、答えを見ながら考えましょう。

具体的な時間としては、3分自分で考えて分からなかったらすぐに答えを見ましょう。

10分は自分で考えろ、とか言う先生などもたまにいますが、はっきり言って無駄です。

基礎の問題は、解ける解けないではなく、知っている知らないの問題なので、わからなかったらそれをしっかりインプットして、次からは間違えないようにすればいいんです。

そうしてどんどん解き進めていって、例題だけを2周、余裕があれば3周しましょう。

問題の難易度は低いので、1周するのにそんなに時間はかからないと思います。

何周もして、例題で解けないものがなくなったら白チャートは終わりです。

章末問題などはやらなくて大丈夫です!どうせ後から応用はやるので、今は基礎を固めることだけを考えましょう。

こんだけ?って思う方もいるかもしれませんが、これをするだけでセンター数学は7割近く取れるようになっているはずです。

それでは次のステップに進みましょう!

2.黄色チャート

次にやるのは、こちらもチャート式で、白チャートの一つ上の難易度の「黄色チャート」です。

白チャートより少し難易度は上がりますが、白チャートを完璧にしていればすらすら解けます。

黄色チャートの使い方

使い方としては、白チャートと同じです。

白チャートよりは時間がかかるかもしれませんが、焦らずしっかりとマスターしていきましょう。

ここまで来れば、自分の苦手な分野もある程度わかってくると思いますので、苦手なところを重点的に取り組みましょう。

こちらも章末問題などはやらなくて大丈夫です!

理由としては、「どうせ後からそのレベルの問題はいっぱいやるから」というのももちろんあるのですが、

「どんどん次の参考書に進んだ方がモチベーションがあがる!!」っていう安易な理由ですw

まあ勉強においてモチベーションはとても大事ですからね!

長くなりすぎるので今回はこの辺で失礼します!

後半はこちら!↓↓

数学ができない文系諸君必見!!一年で数学の偏差値を40から65に上げた話(後編)
どうも、学生ブロガーのきゃしーです!今回は、僕が数学の偏差値を劇的に伸ばした方法をお伝えしていきます!...

コメント

タイトルとURLをコピーしました