【英語】センター試験で9割を取る勉強法とおすすめ参考書!

どうも、学生ブロガーのきゃしーです!

今回は、センター英語で9割、そして満点を取るための勉強法とおすすめの参考書を紹介します!!

スポンサーリンク

文法

センター試験の文法問題の配点は1問2点になっています。

たかが2点、されど2点です。9割を取るためには落とせないですね。

関正生の英文法ポラリス

文法問題でいつも失点してしまう

文法問題をなんとなくで解いている

という方におすすめな参考書。

スタディサプリの人気講師である関正生先生が書いており、

ただ暗記するのではなく、英文法を根本から理解する」ことを促してくれるとても良い参考書です。

STEP1 解説ページを熟読する

STEP2 問題演習ページを解く

STEP3 右ページの解説をしっかり読む

2〜3周すれば、文法の基礎は完璧に身につくと思います!

ただ問題数がそこまで多くないので、次に紹介するネクステなどで演習量をこなしましょう!

NextStage

NextStage(ネクステ)には、センター試験レベルの文法問題が多数収録されているので、文法の知識がちゃんと定着しているか確認するのに使いましょう。

STEP1 問題を解く

STEP2 解説を読む

STEP3 間違えた分野をポラリスで確認

最低でも2周、余裕があれば3周できるのが好ましいです!!

この参考書が完璧になれば、文法問題は安定して9割以上取ることが出来るでしょう!

長文

長文問題は1問で6〜8点ほどあるので、3問落としただけで9割を下回ってしまいます。

しっかりと準備して本番に臨みましょう!

やっておきたい英語長文500

河合塾が出版している参考書です。

センター試験の長文の単語数が500〜700程度なので、単語数的にも難易度的にもセンター向けとなっています。

同じシリーズでやっておきたい英語長文700もありますが、そちらは難易度がセンターを超えているので500を推奨します。

STEP1 問題を解く

STEP2 解説を読む

STEP3 文章を要約してみる

STEP3の要約は時間がある人だけでいいですが、

普段からこの練習をしておくと、文章の大筋を理解する能力が養われ、

センター試験のような「速く文章を読んで大まかな内容を理解する」問題が格段に解きやすくなります。

システム英単語

長文以前にそもそも単語力が足りない!

という方はこちらの単語帳を使って語彙を増やしましょう!

センター試験対策に限って言えば、シス単の2章までの単語を完璧にすればほとんどの場合は対応できます。

いざ過去問!!

最後の仕上げは過去問です。

10年分以上収録されているものを選びましょう!

基礎が固まったら5年分ほど解いてみて、残りは直前の12月に解きます。

STEP1 1年分解く

STEP2 解答解説を熟読する

STEP3 長文を訳す

センター試験の問題は良問しかないので、ただ解くだけではもったいないです!!

おすすめは、長文を全訳してみることです。正しい英語を学ぶことができますし、速読の力もつきます!

まとめ

今回は、センター英語で9割を取るための勉強法とおすすめの参考書を紹介してきました!

本番で全力を出し切れるように早め早めに準備しましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました