【漫画】歪んだ愛情と純粋な愛…『クズの本懐』を読んだ感想!お得に読む方法も紹介!!

漫画

どうも、学生ブロガーのきゃしーです!

今回は、横槍メンゴ先生の『クズの本懐』を読んだ感想を書いていきます!!

なかなか過激な描写も多く、どんな人にでもおすすめできるというわけではないですが、

登場人物の心情の変化や、それぞれの成長などが美しく描かれていて、ぜひ一度読んでみてほしい作品です!

スポンサーリンク

『クズの本懐』のあらすじ

主人公の安楽岡花火粟屋麦は、誰もが羨む美男美女の高校生カップル。

しかし2人は、お互いに他に好きな人がいることを了承の上で付き合ってます。

花火は小さい頃から慕っており「お兄ちゃん」と呼んでいる鐘井鳴海に、麦は昔自分の家庭教師だった皆川茜に片思いしているのです。

そんな彼らはお互いに似たものを感じ、

互いを好きにならないこと、どちらかの恋が実ったら別れること、そしてお互いの身体的な欲求にはどんなときでも受け入れることを条件に付き合っている振りをすることになる―。

それそれの愛

この作品の最大の魅力は、表面上は「歪んだ恋」をしているのに、本当は登場人物がみんな真っ直ぐに「純愛」をしているところだと思います。

自分の恋が成就しないことをわかった上で、好きな人に気持ちを精一杯ぶつけることはとても勇気のいることだし、それができる花火と麦はほんとうにすごいです。

表面上は好きでもない人と付き合い、お互いに傷を舐め合っていますが、本当はただ純粋に好きな人のことを想っている。

それは、クズでもなんでもなく、私たちと同じく普通の考え方なのかなと感じました。

それぞれの成長

作品を通して、キャラクターたちの成長が一つのテーマになっていると思いました。

例えば花火は、物語の序盤では告白してきた男子に対して「興味のない人から向けられる好意ほど気持ちの悪いものってないでしょう?」という辛辣な返事をしています。(こんなん言われたら本気で病みますねw)

しかし、物語の最後の方では告白してきた男子に「ありがとう」と、自分に好意を抱いてくれたことに対する感謝を述べています。

これは、自身の恋愛をのりこえて、他人を思いやることができるようになったからですね。

花火だけでなくほかのキャラクターの心情にも変化があり、これがこの作品の一つの大きなテーマだと感じました。

鐘井先生だけはずっとマイペースであまり心情変化がないですがw

『クズの本懐』をお得に読む方法!!

『クズの本懐』を読むならebookjapanが圧倒的におすすめです!!

ebookjapanがお得な理由はこちらで詳しく書いています↓

漫画を読むならebookjapanが圧倒的におすすめな理由。使ってわかったメリットとデメリット。
どうも、学生ブロガーのきゃしーです!今回は、日本最大級の電子書籍サイトであるebookjapanを実際に利用し...

ebookjapanでは無料試し読みもできます!↓↓

無料試し読みはこちらから!

無料試し読みはこちらから!

まとめ

今回は、『クズの本懐』について書いてきました!

ドロドロとした恋模様が描かれていますが、その中に純粋な心も感じられ、共感できる部分もある素晴らしい漫画です。

そしてなにより、人生で一番大事な「必死に生きる」ということを学ばせてくれる漫画でした!

ぜひ一度読んでみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました