【アニメ】『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を無料で見る方法を紹介!あらすじや見どころも!

渡航さんのライトノベルを原作とし2013年に第1期、2015年に第2期が放送されたアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている

ファンの間では「俺ガイル」「はまち」などの略称で親しまれている人気作品です。

今回は、そんなアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を無料で見る方法を紹介していきます!

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を無料で見る方法

それでは早速アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を無料で見る方法を紹介していきます。

『俺ガイル』を無料で見る方法!

U-NEXT(31日間無料)

dアニメストア(31日間無料)

中でもおすすめなのは、多くの作品を無料で楽しむ事ができることに加えて、雑誌や漫画も合わせて楽しめるU-NEXTです。

『U-NEXT』で無料で見る

31日間の無料期間

15万を超える作品数

漫画や雑誌が600円分無料で読める

U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、映画やアニメなど対象作品が見放題になります。

また、U-NEXT内で使えるポイントが600円分もらえるので、そのポイントを使って漫画などを読むこともできます。

※無料期間中に解約しても料金は一切かかりません

『dアニメストア』で無料で見る

31日間の無料期間

2900作品以上のアニメが見放題

「dアニメストア」には、31日間の無料お試し期間があり、登録すると2900作品以上のアニメが見放題になります。

テレビで放送中のアニメの多くも見放題になるのでアニメ好きは登録して損のないサービスです。

※無料期間中に解約しても料金は一切かかりません

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』のあらすじ

千葉市立総武高等学校に通う高校2年生の比企谷八幡は、高校でも友達が出来なかったことから、友達を作ることを諦めて「一人ぼっち」を極めようとしていた。妙な屁理屈をこねながらぼっちな高校生活を謳歌しつつリア充を嫌い呪っていた八幡だったが、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、「奉仕部」に無理矢理入部させられる。そこで八幡は、校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃と出会う。
雪乃は、才色兼備な超人で弁も立つが、八幡と同じく人付き合いが不器用な少女だった。二人は似たような境遇でありながら考え方が根本的に異なり、意見が衝突する。静はそんな二人に対し、どちらがより多く奉仕部に持ち込まれた依頼を解決できるか、という勝負を命じる。その矢先、最初の依頼人であり、八幡のクラスのスクールカーストの上位に属し、八幡への特別な感情が見え隠れする由比ヶ浜結衣もまた、奉仕部に入部することになる。まったく異なる性格と立場の三人は、中二病全開の材木座義輝、テニス部員で男子だが可愛い女子にしか見えない戸塚彩加、一見すると無愛想で近寄りがたいが本当は家庭的で家族思いの川崎沙希、何でもそつなくこなすスクールカースト上位の人間である葉山隼人から受けた依頼を次々とこなしていく。

出典:Wikipedia

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』の見どころ

①主人公「比企谷八幡」

この作品の見どころは、主人公比企谷八幡のキャラクター性です。

友達を作ることを諦め妙な屁理屈をこねながら「ぼっち」を謳歌する、一見かなりやばめな人物。

しかし、彼はただのぼっちではなく、周囲の人間に裏切られる経験や猜疑心の強さからかなりの洞察力を持っており、奉仕部ではその洞察力を生かして多くの人の悩みを解決していきます。

助けを求めている人に手を差し伸べられるだけでなく、その気持ちを利用しようとする人間を見極められる洞察力を兼ね備えた比企谷八幡はほんとうにかっこいいです。

②魅力溢れるヒロイン

俺ガイルには、雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣という二人のヒロインが登場します。

比企谷八幡と同じような境遇で奉仕部に所属しているものの、比企谷八幡と全く考えが合わずいつも衝突してしまう雪ノ下雪乃。

数少ない理解者として比企谷八幡を支え、時には自己犠牲しがちな彼に振り回される由比ヶ浜結衣。

この2人のヒロインがとても魅力的なのもこの作品の魅力ですが、

「助ける存在」「助けられる存在」としての、比企谷八幡も含めた3人の関係性もこの作品の大きな見どころではないでしょうか。

まとめ

今回は、アニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている』を無料で見る方法を紹介してきました。

今回ご紹介したサービスでは、俺ガイル以外にもたくさんの面白いアニメを見ることができるので是非チェックしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

アニメ
Cathyをフォローする
冒険者の日常

コメント

タイトルとURLをコピーしました